リフォーム業から「デザイン力のある工務店」として急成長

デザインファームラボ卒業生インタビュー

前田 哲郎 さん

株式会社 前田工務店 代表

受講前はリフォーム業を中心とした工務店を営んでいた前田さん。新築の受注をきっかけに、デザインファームラボで意匠設計を学ぶことを決意。受講後は、魅力的な住宅設計を次々と手掛け、建築誌でも度々紹介されるほど人気の工務店に。
成長を遂げた現在も、居心地の良い住宅を探究し続ける前田さんに、受講当時のことや住宅設計に対する想いなどを伺いました。

「居心地の良さ」を形にしていきたいと思って、家づくりに取り組んでいます

ー現在(受講後)はどんなお仕事をされていますか?
神奈川県海老名市で工務店を経営しております。
設計と施工を一貫して受けておりまして、社内では現場チーム・設計チーム・積算チームの3つの部門で活動しています。スタッフは今現在6名程度で今度の春から8名になります。

家づくりのコンセプトとしては、「居心地の良さ」を形にしていきたいなと思って取り組んでおります。「明るい家」や「大きな家」ばかりが良い家ではないということ、私たちの考えている居心地のの良さというものをお施主様にお伝えしながら設計させていただいています。

視線の抜けと半屋内のアプローチが奥行きを演出する「中庭の家」

どういうところに着目すると綺麗なものが出来上がるのか、ということ学びました

ーデザインファームラボを受講したきっかけを教えてください。
デザインファームに入る前はリフォームをやっていたのですが、あるタイミングで実家の建て替えの話がありまして。当時、新しく新築にも取り組んでいきたいという想いもあり、それをきっかけに勉強しようと思いました。
その時は「意匠設計」を学びたいという認識はなかったと思います。建築の骨格というものをどう形にしたらいいか、そういうことを知りたかった。
ただ、デザインファームの説明会に参加してみたら、話を聞いてすごくワクワクできたんですね。建築をもっと学びたいという気持ちにさせてくれたので、ここで受講することを決めました。

ーデザインファームラボではどんなことを学びましたか。
やっぱり「視点」だと思いますね。
実家を設計している最中に、別の新築のお話もいただきまして。受けたのはいいものの、どういう風に進めたらいいかわからないので先生方に相談をさせて頂いたところ、「サポートしてやるから」と心強い言葉をいただきました。実際、ものすごく手厚いサポートをしていただきながら形にしていったのですが、設計中に「こういうところを気をつけろ」とか、「こういう風にした方がいいんじゃないか」と具体的なアドバイスをたくさんして頂けたんですね。その中で、どういうところに着目すると綺麗なものが出来上がるのかというのをすごく学びました。

ー授業の中で印象的だったことはありますか?
実家の建て替えを課題として進めていた時に、私は「この敷地だったらこの建物は西向きに開いた方がいい」ということを思って設計していたんですね。けれども両親や親戚からは「家というものは南向きに立てるんだ」と当然のように猛反対にあいまして。どうしようかなと悩んでいた時に、先生から「この家はやっぱり西向きに建てた方がいい。俺が建てるんだったら絶対にそうする」と言っていただいて。それで良くなればきっと両親も喜んでくれるから、それはお前が信じた方でやった方がいいんじゃないか、と心強い言葉をかけていただきました。結果的に、私がデザインファームで学んだことを形にできまして、今ではその家を見て気に入った方から受注をいただけるようになっています。
従来通りの考え方で家を建てていたら今はなかっただろうなと思います。デザインファームの教えに従って家を作っておいて良かったなと。その時の先生が力強く背中を押してくれたことが、私の人生を変えてくれたなと思っています。

大きな開口部と借景で開放感あふれる住宅「夕日の家」

お客様が求めている本質を汲み取って、それを実現するためにはどのような形が良いのか考えるようにしています

ー現在、家づくりをする上で大切にしていることを教えてください。
注文住宅なので、お客様の理想を形にするというところが私たちの仕事ではあると思うんですけども、お客様からの要望をそのまま形にしても私たちが存在してる意味がないので、なぜそれが必要なのかというところをしっかり汲み取って、お客様が求めている本質をしっかりと見るようにしています。そして、それを実現するためにはどのような形が良いのか、ということを考えて進めるようにしています。

ー今後の目標など、考えていることはありますか?
良いものを作ると、本当に家というのは気持ち良く素晴らしいものになるなというのを実感していて、そういった良いものが選ばれる世の中というのを形にしていけたら素敵だなと考えています。

また、若い世代が建築の楽しさを学んで、それを実現できるような環境を用意してバトンを渡していくというのも、我々の世代の使命としてありえるんじゃないかなと思っています。
目の前のことだけではなくて、もう少し長期で考えた時に、世の中の住宅をもっともっと楽しくて豊かなものにしていきたいなと考えています。


ー最後に、これからデザインファームラボを受講される方へメッセージをお願いします。
色々な価値観があるので一概には言えないですけども、私はデザインファームに入っていなければ今がなかったなと強く思います。今目の前にいる仲間と一緒に目指すものがあり、そして今私の中にある視点で毎日を過ごせてるという事が、人生成功できてるなという風に思えています。学校に通って新しい視点を学んでみることで、今手に入れたいもの以上の価値が手に入ると思います 。

インタビューを動画で見る

卒業生インタビュー一覧